シミの原因についてきちんと調べておこう!

シミの種類についてご紹介していきましたが、今回は原因についてご紹介していこうと思います。
シミの原因はほぼ紫外線で間違いありません。

 

 

スポット斑は正直、紫外線だけではないかもしれませんが、肝斑とそばかすはだいたいが紫外線です。

 

 

しかし、アニメや漫画で昔流行った「キャンディキャンディ」。
この主人公キャンディは遺伝でしたね(笑)
遺伝ももしかすると関係があるかもしれませんので、そばかすで悩んでいる方は身内で探すのも面白いかもしれません。

 

 

さて、シミはほかに考えられる原因はないのでしょうか?
そこで、ほかの原因も調べてみました。
紫外線から受けるダメージだというお話をしましたが、受ける側にも問題があるのでは?
と、少し視点を変えて調べてみたところ、新陳代謝が関係しているようです。
新陳代謝が正常な方は、過度な紫外線の浴び方をしない限り、だいたい28日周期で表皮が角質となって落ちるときにメラニン色素も排出されるそうです。

 

 

しかし、運動不足や新陳代謝の低下がみられる方は、メラニン色素がうまく排出されず、シミとなってしまうようです。

 

 

また、活性酸素が発生する原因自体は紫外線だけに及びません。
お肌に傷がつくようなことをしても、活性酸素は発生されてしまいます。
逆に言えば、活性酸素が過剰に発生しなければシミは防げるということです。

 

 

なので、日ごろから注意することは、お肌になるべく負担をかけないこと、そして日焼け止め対策を万全にすることです。
これらを日ごろから当たり前のように行えていればシミはまず問題ありません。

 

 

さらに良いのは、日ごろから保湿を心がけることです。
はやり乾燥はお肌の大敵なので、保湿をしっかりと行い潤いを保つ必要があります。

 

 

そのためには、正しい洗顔、正しいスキンケアの方法、正しい商品選びが大切になってきます。
今のケアで満足が出来ていない方は、今一度ケアの仕方や商品を見直してみてください。
もしかするとそれで改善されるかもしれませんよ!

関連ページ

シミの種類ってどんなのがあるの?
シミの種類、実は3種類あることをご存知ですか?今回はシミの種類についてご紹介していきますので、ケアの参考にしてみてください!
顔のシミ対策!スキンケアはどうすればいい?
顔に出来てしまうシミ、スキンケアはどうすればいいのか?私が実際に行っている方法と一緒に、顔のシミに対するスキンケア方法をご紹介します。